楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

「レバーハープの祭典」で温かな響き存分に体験

2017年02月27日 10時57分

日本ハープ協会主催による「レバーハープ(アイリッシュハープ)の祭典」が2月19日、品川区のスクエア荏原で開催。来場者の多くは女性で、展示会での試奏やコンサート、アンサンブル講習会など、ひとときのハープ体験を満喫した。

img

各弦の音程をレバー操作で半音上下させるレバーハープは、国内では「アイリッシュハープ」としても知られている。温かく人間味のある響きで親しまれ、20〜60万円前後と求めやすい価格もあって、愛好者が近年増えつつあるという。

展示会場では国内メーカーの青山ハープをはじめ、輸入を手がける銀座十字屋、高田ハープサロン、松尾楽器商会の4社がレバーハープ3〜6機種ずつを展示。さらに、実演を交えたレクチャーや初心者歓迎のアンサンブル講習会、コンサートも実施され、文字通り「観て、聴いて、触れるハープ」の魅力を体感できる一日となった。

  • img
  • img
  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2017: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ページの先頭へ