楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

新連載「電子楽器 過去 現在 未来」

2017年11月02日 09時49分

ミュージックトレード10月号からスタートした新連載「電子楽器 過去 現在 未来」は、電子楽器が誕生した頃から現在までを見つめ、未来へ至る道筋を示唆する内容。著者は電子楽器開発のパイオニアであり、生き字引として有名な三枝氏とあって、今後の楽器の発展を占う上でも必見といえる。

img

著者の三枝文夫氏は、コルグ創業当時から開発の中枢として活躍(現監査役)、電子楽器の草創期から今日までを知る今やレジェンドの一人。

連載第1回では「通信と楽器、通信と音楽」と題して、19世紀末のテルハーモニウムや現代のDSDライブストリーミング配信システムなどを概観。第2回では「黎明期の電気楽器」として、1930年代の電気三味線や電気ギター、1940年代の電気アコーディオンが登場している。

長い電子楽器の歴史を顧みると、その中で変わったもの、変わらないものを再認識することができ、そこから未来への道標も見えてくるだろう。

  • img
  • img
  • img
  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2017: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ページの先頭へ